335 農地改革法とアキノ・ファミリー

私たちがいつも利用するマニラ国際空港は、その地で暗殺された故ベニグノ・アキノ(BENIGUNO AQUINO)上院議員の愛称ニノイ(NINOY)にちなんで「ニノイ・アキノ国際空港」と名づけられている。

暗殺から数年後、その妻の故コラソン・アキノ(CORAZON AQUINO)女史はマルコス大統領を追放(実際は米軍による実質的誘拐)して、大統領に就任した。さらに現在の大統領ベニグノ(ノイノイ)・アキノ3世(BENIGNO AQUINO III)はその二人の息子にあたる。

ちなみに「アキノ(AQUINO)」という名であるが、私たちは類似の日本人姓「秋野」からといいたいところだが、故西本至神父によるとアキノはカトリック・ドミニコ会のスコラ哲学の代表格たるトマス・アクイナス(Tomas=Aquinas)の姓に由来するとのこと。 

さて、庶民から絶大なる人気を誇ったコラソン・アキノ元大統領ではあるが、一方ではフィリピン全土の大地主から「厚顔無恥の人物」として嫌われている。

というのも、彼女は大統領就任後、直ちに「農地改革法」を立法化し、大地主に対し、所有する農地を小作人に公平分配せよと迫り、個人は4ヘクタールまでしか農地所有できないこの法律により、多くの大地主に農地を失なわせた。(私の友人も田畑を分配させられアキノを「タワケ者!」と吐き捨てる。)

にも拘わらず、アキノ女史の実家であるコファンコ家は、タルラック州にルイシタ荘園と呼ばれる巨大農園を所有し続けている。「農園の株式化」という法の抜け道を利用し、小作人には農地の代わりに証券を与え、一族はその全株式の70%を所有するという方式により、荘園支配を継続しているのだ。

それに抗議する小作人組合のデモ行為に対し、政府の犬である警官隊をもって迎えうち、組合側に7名もの犠牲者を出してきたという経緯もあり、これが「厚顔無恥」と非難されるゆえんである。

実は、昨日、最高裁大法廷は、ルイシタ荘園の農地を小作人に分配せよという命令を出した。アキノ政権下でコファンコ家有利の判決が出なかったことに一定の評価もある。(*1)

しかし、最高裁判所判事は15人中、長官を含む12名までがアロヨ政権下で任命された反アキノ陣であり、コファンコ家に有利な判決が出ようはずがない。

しかし、少なくともこの判決なものであり、母の七光りで大統領に就いたアキノ大統領には、母の尻拭いをしてもらいたい。

つまり、アキノ大統領にはこの最高裁判決に対し、異議申立などせず(*2)唯一最悪の汚点であるコファンコ家の「農地改革破り」に終止符を打ち、速やかに小作人に農地を分配していただきたい。


*1 最高裁判所判事は15名。そのうち長官を含む12名はアロヨ前大統領に任命された判事。
*2 フィリピンでは、最高裁判決に対し日本と同じ「異議申立」以外に「再考願い(Motion for Reconsideration」もありだ。
   司法の名目は日本と同じ三審制なのだが、日本と違い、三振してもアウトになるとは限らない。

334 日本の鉄道ホームには転落防止柵を設置すべきである

 NHKをみていると10年前、東京新宿区のJR新大久保駅でホームから転落した男性を助けようとして死亡した日本人カメラマンと韓国人修就学生の美談が改めて紹介されていた。

 20年以上も前、電車のない沖縄からのこのこ東京に出てきた琉球人の私は、列車のホームの端にはできるだけ近づかないようにしていた。それこそ誰かに突き飛ばされたとしても大丈夫な位置にいるように心掛けていた。もちろん、順番待ちで並んでいるときにも必ず二番目以降に立つようにしていた。しかし、今から思えば友人と一緒のときなど気が緩んでいるときもあり、その方針が徹底していたとはいえない。浪人から大学卒業まで、また就職中の4年間、ほぼ毎日列車を使用していたが事故にあわずに済んだのは運が良かっただけといえなくもない。

 急行列車が高速で通過するとき、ホームの強風にあおられ恐怖を感じるのは私だけではあるまい。極端な話だが、通勤・通学に電車を利用する人物を殺したいなら、ホームから突き落とすのが手っ取り早いと断言できる。

 例えば、香港の地下鉄では全てのホームに転落防止柵が設けられている。私にすれば、当たり前のことである。しかし、日本では、

 1)金が掛かる 
 2)開閉装置の故障でダイヤが乱れる 
 3)車両によりドア配置が異なるため実用的でない

という概ね3つの理由により、ほとんどの路線で導入が見送られている。

 ひとの命よりまず「効率優先」という日本人の性格が透けて見えてくる。
 
 命を大切にしない国は、中国や北朝鮮と同様、二流国だ。

 1)の金が掛かるのは詮なきことだが、2)開閉装置の故障でダイヤが乱れるという課題は、頭脳明晰な日本人のこと、開かないときは列車サイドから手動操作で開閉できるようにするなどで解決。3)車両毎にドア配置が異なるという点も、車両のドア位置を統一する多額の設備投資をする前に、防止柵の何箇所にもドアを設けることにより対策は十分可能。技術立国の日本では、意思さえあればできないことなど何もない。

 決して田舎も含め全てのホームに転落防止柵をつけろと極論を言っているのではない。世界一乗降客の多い新宿駅を筆頭に全国主要駅に限定してそれをつけろと言っているのである。

 さて財源をどこに求めるかという点だが、

 例えば、新任の財務大臣が嬉しさの余り、一度やってみたかった程度の安易な気持ちで為替安定策と称して介入に注ぎ込む巨額の外貨があるのなら、実質的価値のある米国政府所有の不動産を安く買い叩いた方がはるかに有意義であるのと同様、

 内需拡大のための予算があるなら、「日本国の質を向上すること」に寄与するこのような投資のために優先的に使用すべきだ。

 要は国会で「主要駅ホームに転落防止柵設置を義務付ける法律」をつくって、政府がその実施のための資金を鉄道事業各社に低利で融資すれば良いだけのことだ。



 

333 アロヨ元大統領逮捕!

マニラ新聞2011年11月19日付

ようやく・・・というところである。

これまで、アロヨ元大統領が訴追逃れ・逮捕逃れを目的に、退任直前に最高裁長官を任命してみたり、大統領経験者としては異例の下院議員になったり、大病と偽り、二度にわたり亡命を画策してみたり、なりふり構わず行ってきた工作の数々に義憤を感じていた者は多いだろう。極めつけはアロヨ大統領誕生の立役者となりその後もアロヨ政権を支え続けてきたレーエス元国防相の訴追中での自殺。

アロヨ大統領の父親、故マカパガル大統領は平民宰相と慕われた立派な政治家であった。その七光りを受けて政権についたアロヨ大統領は、エストラダ元大統領と同様フィリピンを食い物にした。

アロヨ大統領が政権にあったとき、英字新聞のあるフィリピン人コラミストが皮肉な論評を載せていた。

「フィリピン人はうそつきである。なぜなら大統領がうそつきだからである。よってフィリピン人は皆うそつきである。」

同国民による痛烈な批判。

エストラダ氏に続いて、アロヨ氏。2期連続で大統領が汚職で逮捕収監されるという醜聞。

特にアロヨ元大統領に関しては、

父親故ディオスタド・マカパガル大統領の栄誉を汚し、フィリピン国民の名誉を汚し、政権を支え続けたレーエス元国防相を死に追いやった。またあからさまな大統領選挙不正で、自身が大統領に当選。落選し、失意のまま脳梗塞で死亡したフェルナンド・ポージュニア元大統領候補という犠牲者のことも忘れてはならない。

今日、多くの直接的犠牲者の遺族らが、アロヨ逮捕というニュースを犠牲者の霊前に報告するはず。

彼女だけがぬくぬくと生きていてよいはずはない。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ