このホームページも40000をヒットしてしまいました。しかもこの「マニラの風」を2ヶ月も更新しないうちに。読者の方、(もし、まだいらっしゃれば)、には申し訳ないと思っております。が、最近、この自己満足的コラムを続けることに疑問を感じてきたのも事実。この9ヶ月余り、日比ビジネスクラブの設立と活動に奔走し、とりあえず、毎月一回の講演会を定着させること。それを要約して会報やネットに公表すること。それには内外の皆様から一定の評価も頂き、この運動が確かに存在するという実感もあります。
 しかし、この妙なコラムに関していうと、そこで己を語ることに何の意義があるのか。もしかすると自分もネットという革新技術をただ「消化しているだけ」ではないかという疑問が頭をもたげてくるのです。飽きてきたのでしょうか。人間はすぐ飽きてしまう。飽きないのが「商い」だと分かっていても飽きてしまう。単に飽きただけならば、何とか継続もできる。でも、自分の場合、何か普遍性のある意義に出会わなければ、継続は難しい気がします。私は子供のことから納得しなければ動かない、その意味で理屈っぽくて可愛げのない子でした。その性格は成人しても変わらず、このコラムも最初よく考えて始めたつもりですが、結果はこの様です。途中で道に迷ってどうしていいのか分からなくなってしまいました。弱った。弱った。でも自己満足は嫌だ。それは、自分の生き方ではないと強く思うのです。