猫を見かけると僕は、

「ゴロニャー」

筋道をクルマ運転中でもわざわざブレーキ踏んで、

「ゴロニャー」

すると猫がじっとこちらを見つめる。

重ねて僕は、

「ゴロニャー」


「ニャンだ、こいつ、もしかして人間のくせに猫語がわかるのかコンニャロー」

「いや、待て待て。・・・ニャーんだ。ただ音が似ているだけ」

「つまるところ、こいつは猫語に似た音を出すけれど、意味のない音の繰り返し。」

「そうそう。ニャンにもわかっちゃいない」

「ちぇっ、立ち止まって時間を無駄にしちまった」

「んだ。んだ。行こうぜ。角のおばさんちの猫飯の時間に遅れちまう」

「おうや。しかし、ニャンだなあ、最近は暇な人間が多くなったと思わないか」

「うん。あんニャ奴らにつきあっていると猫生(ねこしょう=猫の一生)棒に振るぞ」


猫同士の会話もまた浅薄なものでした。



今日も白々と夜が更けていくのであった。