フィリピンボランティア・コミュニティ活動

201 アフガンに散った伊藤和也さん

「アフガンの子どものために」と海を渡ってから4年8か月。その夢は道半ばで絶たれた。

 アフガニスタン東部で拉致された民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」(本部・福岡市)の伊藤和也さん(31)(静岡県掛川市出身)が27日、遺体で見つかった。「つらかったろう」「許せない」――。事件の一報を受けてから1日半、無事を祈った両親や仲間たちは悲しみとやり場のない怒りに包まれた。抜粋(2008年8月28日00時01分 読売新聞)

  伊藤さんのNGO、アフガンから職員引き揚げへ…医師1人残る

 アフガニスタン東部で拉致され、遺体で発見された伊藤和也さん(31)が所属していた民間活動団体(NGO)「ペシャワール会」(本部・福岡市)は28日、アフガン国内で活動している日本人職員を来月中にも帰国させる方針を明らかにした。

 同日中にもアフガン入りする予定の同会現地代表・中村哲医師(61)は1人で現地に残り、アフガン人スタッフと事業を継続するという。

 同会によると、現在、アフガン国内で活動している日本人職員は8人。最近の治安悪化を受けて、当初約20人いた職員の半数を帰国させ、残りの職員も年内には引き揚げる予定でいた。しかし、伊藤さんが殺害された事件を受けて、事業の引き継ぎを早め、中村医師を残して帰国させる方針という。

 一方、伊藤さんの父の正之さん(60)は同日午前、静岡県掛川市の自宅で報道各社の代表取材に対し、「今は家族で静かに待っている。しっかり和也の遺体を迎えたい。本人の希望に沿って送ってあげたい。和也は家族の誇り。胸を張って言えます」とコメントした。(2008年8月28日11時29分 読売新聞)


 NHKでペシャワール中村哲医師の灌漑事業を取り扱ったドキュメンタリーを見る機会があった。世の中にはすごい人がいるものだと思った。今回の伊藤さんの死に際しても現地における活動の方針にはいささかのゆるぎもないと言い放っている。また家族も悲しみの中で、「和也は家族の誇り」ときっぱりコメントしている。信念をもって始めたNGO活動において、例え死を迎えたとしても、誰を責めるわけでもない。それどころか道半ばに倒れた仲間の遺志を継がんと、残された仲間がこれ以上に活動に勤しむ。NGOの活動とは、これでなくてはならない。
 伊藤さんは弾丸を30発も受けて死んでいる。無私の精神で携わった現地で壮絶な死。両親の無念ははかり知れないが、何と立派な息子をもったことか。

 ペシャワールの活動は、同じ日本人として誇りに思い、そして頭が下がる。
伊藤和也さん。私たちは決して君のことを忘れない。

146  援助をするなら農山村の人々に

 かつてマニラ市トンド地区にスモーキーマウンテンと呼ばれるゴミの山があった。堆積した生ゴミからアンモニアが発生し、これが自然発火してあちこちから白煙が上がっていた。その上に掘っ立て小屋を建てて住みつき、ゴミ拾いで生計を建てている家族の姿があった。

 そのスモーキーマウンテンが10年ほど前に閉鎖され、「ケソン市パヤタス」がゴミ最終処分場として次の名所となった。ゴミ拾いに勤しむ幼な子らの姿は痛ましく、情にほだされた日本の民間団体や公的機関はかつてのスモーキーマウンテン同様、せっせと衣類、給食、奨学金を運び、校舎、職業訓練施設、診療所などさまざまな支援の手を差し伸べた。

 しかし、冷たいようだが私は不法居住者への支援に大反対である。

 実は一般のフィリピン人もそんな支援を快くは思っていない。まず、彼らのゴミ山の上に住もうという考え方、これはいいだろう。公共地への不法居住に問題はあるが、政府が黙認しているのなら我々の関知するところではない。誰にも居住の自由はある。しかし親たちにはそんな不衛生な場所に子どもを住まわせる権利はない。それは親権の乱用であり、子どもの人権を蹂躙する行為である。それは政府が許しても人道的に許されることではない。田舎の貧困から逃げ出してきた者たちは不法居住者としていつまでも公共地を占拠すべきではなく、すぐにも自分たちの地方に戻るべきであると考える。

 支援をする者がいるから彼らはそこに「快適に」住み続けることができる。従って、支援が彼らの不法居住の固定化をもたらしている。それは違法状態の維持拡大に手を貸していることであり、フィリピンの国益にも反することである。

 貧困者は大きく、都市貧困者、漁村貧困者、農山村貧困者に分けられるであろう。そのなかで最も豊かなのは都市貧困者であり、最も貧しいのは農山村貧困者である。けれども彼らの違いをいうと農山村貧困者は誇り高く、都市貧困者はみすぼらしい。

 私はどうせならぜひ農山村貧困者を支援してほしいと思う。自分の生まれた土地を離れず貧しくも善良に生きている人達にこそ支援の手を差し伸べるべきなのだ。そして、地方を離れなくても良いように、反対に都市に出てきた者が帰郷したくなるように、地方の経済を活性化し、雇用を促進させることに力を貸すべきなのだ。

 我ら日比ビジネスクラブでもわずか数人ながらフィリピンの子らに奨学金を支給している。田舎の生徒や学生を対象としていて、そのうち半分は農業大学の学生に学資支援をしている。人口増加の激しいフィリピンで今、最も力を入れるべきは農業である。

 援助団体はえてして近場で手軽に支援ができて、ニュースにも取り上げられやすい都市貧困者の支援に偏りがちだ。けれどもそれに甘んじてはせっかくの行為が報われない。フィリピンを思うならば人口の都市集中と地方の過疎化、農村の疲弊を食い止めるために、援助は人造のゴミ山に住む者に対してではなく自然の山に住む者に対して行いたい。

139  「やりたいこと」

 私は仲間とともに3年前から日比ビジネスクラブというものを主宰している。当会にはフィリピン生活者とビジネスマンの会という副題についているが、単なる互助会で終わることなく在留邦人啓蒙の旗頭たらんと考えている。それを実現すべく毎月講演会を開き、会報を出してきたが、その活動は今年2月、講演集の出版という形で開花した。さらに日本大使館と提携してNGOフェスティバルなるものを開催することが出来たし、国際交流基金、ジェトロ、国際交流機構(JICA)、そして他多くのNGO団体とも親しく交流させて頂いている。

 ようやく仕事をするうえでの基盤が固まってきたところで、ちょっとした会の運営方法をめぐって私が発起人の一人と対立してしまい、調整も空しく、結果としてその方が退会することになった。

 そのことは大変残念なことであり、会長としての至らなさを反省するものであるが、一方で、当会は互助会であるとともに在留邦人を啓蒙するという重要な使命も帯びているのであり、その目的にそぐわない行動はやはり看過することはできない。そして、もうひとつ、これは会を統率している私の性格でもあるが同じ場所に足踏みする気は毛頭ない。

 つまり、私がこの会でやりたいことはたくさんあるし、この会に対する期待は誰よりも大きいのである。

 私より大先輩の彼に言いたいのは、小さなことでくよくよするのではなく、もっと前を見て日々を送ってほしいということである。いつも引用するこのサムエル・ウルマンの詩をもう一度読み返してほしい。

 ※この詩を「昭和一ケタ台が会社の重役に留まることを正当化するために日本でもてはやされたもので、うそっぱちだ」と述べた先輩がいた。この詩をもってそれだけのコメントしかできないその方を、生きながら既に屍(しかばね)と化しているその方を、とても哀れに思った。

『青春』

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、もえる情熱をさす。

青春とは人生の深い泉の清らかさをいう。
青春とは臆病さを退ける勇気、
やすきにつく気持ちをふり捨てる冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。

年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき、はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により、気力は地に這い、
精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと人の胸には
驚異にひかれる心、幼な子のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓(えきてい)が心にある。

人から、神から、美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り、君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭(こうべ)を高く上げ、希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。

126 長い時間

 今年は時間の過ぎ去るのがとりわけ遅い気がする。

 私にとって今年の最大のプロジェクトは、日比ビジネスクラブの講演要録出版とNGOフェスティバル開催のはずだった。その両方の企画が何とか終了した3月はほんの数ヶ月前のことである。5月の時点でもそれは遠い昔の出来事のように思えた。今はさらにもっと遠い昔のように思えて仕方がない。レストラン事業を始めたせいだろうか。

 時の流れというのは一定ではない。草木が伸びるのも1年を通じて一定ではないではないか。時の流れが遅く感じる今年、私は多少とも長く生き、得をしたような気がするのである。

99 「NGOフェスティバル」

2004年3月5日(金) [99]     「NGOフェスティバル」
 
 3月12日~14日まで、日比ビジネスクラブでは日比友好祭の一環として、「NGOフェスティバル」と称する催しを開く。参加団体はおそらく26団体、スタッフだけで200人超の大きな催しとなろう。そこで、日替わりパネルディスカッション(ジャパニーズフィリピノチュルドレン問題を考える・教育支援を考える・農業支援を考える)、沖縄県・福島県、フィリピン地域物産展、NGOや政府機関のの地域貢献活動案内、ギターとマンデリン、2つのコンサート、日本映画上映、流しそうめん、似顔絵描きなど様々な催しを予定している。

 日比友好祭は9年程前から日本大使館と国際交流基金が独善的に催していたのを、今年は大使館木宮憲市広報文化班室長のご提案により邦人各団体が招かれ、初めて民主的に行事が開催されることになった。その英断に報いたいと私が発案したのが、この「NGOフェスティバル」である。巨大テントを3日間借り切って、フィリピンで頑張っているNGOの活動を紹介し、その健闘を讃え、思いつくままに様々な行事を全部ぶち込んで騒ごうではないかというもの。我ながら我が人生、久々の大ヒットではないかと当初ほくそえんだものだ。

 しかしである。普通ならば一つの行事をなすにもたいへんな作業が必要だ。それをこれだけ多く、しかも3日間に集中してやろうというのだから、準備に掛かる時間は尋常なものであろうはずがない。私の持ってきたこのハナシ。ほとんどの会員には寝耳に水。皆顔を見合わせて口々に「ああ、またこいつ、えらいこと吹いてるよ。困ったもんだ」、「あんた、それやるのに一体どれだけ大変かわかっているの―?」、「流しそうめん?面白そうだって云ってみたけど、ホントにやるのかよー」。でも、そんなことに耳を貸すような私ではない。思いついた時点でもう私の心は一日の始まりを待つ早朝の湖面のように穏やかで澄み切っている(?)。とにかく、後ろを振り返ることは嫌いな性分。
 しかし、テキトーにやるにはテーマが重いし、既に多くのマジメな人々を巻き込みすぎている。わざわざ沖縄からこの行事に参加するために来られる方もいる。この初の試みを成功させるために、既に会員をはじめとして、日本大使館、そして参加団体の多くの方々が膨大な時間を消費してしまっていて、引き返すことなどできはしない。もう腹を据えてできうる限りのことをするしかない。そして、なるべく多くの方にご来場頂き、多少とも満足してもらえることを目指すしかない。

        NGOフェスティバルのアドレス http://www.asahi.ph/jbcp/
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ